読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Global Teachers College

未来の世界をつくる「教育」という営みをテーマに、 地球一周の船旅の中で開講されるプログラム

GTC卒業の会

報告会も終わり、いよいよ、最後の卒業の日がやってきました。
(書きながら、やりきって満足なような、さみしいような複雑な気持ちです。)

 

f:id:pb-cp-gtc:20161219104614p:plain

 

船旅も、いよいよ残り3日で日本に着いてしまうということもあり
振り返りノートを持ってきて、GTC全体の振り返りをノートに加えます。
そして、それを踏まえて今後自分はどうなっていきたいのかもノートに書き込んでいきます。

 

f:id:pb-cp-gtc:20161219104639p:plain

 

そして、卒業生みんなに緑さんから修了証が手渡されます。

名前を呼ばれて、前に出ます。

 

f:id:pb-cp-gtc:20161219104904p:plain

 

こんなの、学校の卒業式以来でしょうか。みんな照れ臭そうです。

 

f:id:pb-cp-gtc:20161219105056p:plain


いい顔です! 

えびちゃんは、振り返りノートをたくさん活用したいたうちの一人です。毎日行われるゼミ以外にも、水先案内人の講座、寄港地、そして仲間との時間。一瞬一瞬で得た気づきを焼き付けるように、えびちゃんのノートにはその日にあったことや考えたことが刻み込まれていました。
惜しむように学び、自分の内面を追い続けたGTC生。「やりたいことってなんだろう?」と船旅の初期のほうに話していたえびちゃんですが、船旅の終盤では表情が明らかに違っていました。自主企画やゼミ内においても、いつも議論が難しくなってきたタイミングで的確なファシリテーションをしてくれました。人を活かす場をつくることができるえびちゃんの今後が楽しみです。


f:id:pb-cp-gtc:20161219105150p:plain

 
渡された証書を持ち、笑いながらその場にしゃがみ込むしほちゃん。
たくさん想いが溢れ、迎えた卒業の日です。
しほちゃんは、自分の得た感覚を捉えきるということに人一倍向き合ってきました。
そして、その感覚を伝えるための「言葉」を紡ぐことを妥協をしない人でした。

そんなしほちゃんから発する言葉ひとつひとつは、誰かに借りた表現ではなく、しほちゃんの全身全霊が込められたものです。
今は大学生のしほちゃんですが、地球1周を通してどんな世界を見て、これからどんな表現をしていくのでしょうか。数年後、どんな言葉を話す大人になっているのか、楽しみでなりません。

 

f:id:pb-cp-gtc:20161219105531p:plain

 

あーりー。
いつもみんなをよく見て、ツッコミを入れる担当の彼女。教壇に立った経験上もすでにあるあーりーは下船後はまた現場に戻っていくことになるようです。
どんな形で戻るかは、これから本人が決めていくのでしょうが、「いろんな世界を体験して、歴史も文化も学び続けていきたいし、そういう気持ちが大事」と船旅で撮ったインタビューで語ってくれていたあーりーは、学び続ける教師になっていくことでしょう。
「まじめとテキトーの共存」と緑さんにキャッチコピーをもらったあーりー。オンとオフがはっきりしているのは、教師自身が元気で過ごすことの大切さを知っているが故なのかもしれません。しかし、常にあーりーの視点は子どもが中心にある。だから、子どもにとって不条理なことにたいして厳しい視点も持っています。日本の学校現場に戻って新しく何を感じ、どう行動に移していくのかが、期待を胸に見守りたいと思います。


全員についてここで語ることは超長文になってしまうのでできませんが、11人のGTC生たちは、この3ヶ月半を通して、自分と向き合い、仲間と磨き合い、全身で学んできました。そんな仲間と一緒に学べたことを心から誇りに思います。

 

最後に、卒業証書にしたためられた緑さんからGTC生たちへのメッセージを。


*  *  *

グローバルティーチャーズカレッジ第1期を卒業するあなたへ


あなたは、船旅を通して自分の選択をする、勇気を出して自分を表現する、それらに責任を持つ、そういうことに一つ一つ向き合ってきました。

話す言葉が変わった。集中力が変わった。参加の仕方が変わった。顔つきが変わった。話し合いの質が変わった。

その変化にわたしは勇気をもらい、希望を感じ、勇気づけられました。
GTCという場を、この手で、仲間と一緒に作り上げてきたことを忘れないでほしいと思います。
そして、それができた自分をこれからも信頼してください。
わたしはみんなを心から信頼しています。

 

みんなが学び続けるグローバルティーチャーズとして

人を支え、刺激し、力付け、平和な社会をつくっていってくれることを願って。

 

第92回ピースボート地球一周の船旅 
GTCコーディネーター 武田緑