読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Global Teachers College

未来の世界をつくる「教育」という営みをテーマに、 地球一周の船旅の中で開講されるプログラム

スタッフの紹介

f:id:pb-cp-gtc:20160927153924j:plain

GTCプログラムのスタッフを紹介します。

※GTCは国際NGOピースボートと教育NPOアプラスの協働プロジェクトであり、船内での運営も双方のスタッフが協力して行います。

f:id:pb-cp-gtc:20160927154006j:plain

コーディネーター/ファシリテーター

 

武 田 緑 / Takeda MIDORI
1985年生まれ。大阪市出身。小学校教員・まちづくりNPOの職員などを経て、現在は教育関係者に向けた学び・つながり・エンパワメントの場づくりを行うNPO・コアプラスを代表理事として運営している。12年前に参加者として「第47回ピースボート地球一周の船旅」に乗船。そこでの学びをきっかけとして2007年・大学生の時にコアプラスを立ち上げ、以後、教育関係者が「教育を学ぶ」ためのプログラムを多数企画実施。

f:id:pb-cp-gtc:20160927154013j:plain

アシスタントスタッフ/ファシリテーター

加 藤 尚 子 / Kato NAOKO

小学校教員を経て、現在はNPOミラツクの研究員として様々な社会課題の解決に取り組んでいる。その傍ら、コアプラスの活動にスタッフとして関わる。教員としての自身の経験から、「子どもや教育にかかわる人が健康で幸福に生きるための社会をデザインする」ことを目標に、学校教育や子育てに関わる人を対象に、学びを促進させる人の「教育観」の構築や、リフレクションを通したワークショップを企画・実践中。

 

 

f:id:pb-cp-gtc:20160927154018j:plain

サポートスタッフ

中 山 友 里 / Nakayama YURI

20歳の時に、自分の目で世界をみてみたい!と一念発起しピースボート地球の船旅に参加。船内で多様な考え方、宗教、社会問題に触れ、自分自身で考え行動することの大切さを実感。また、ケニアやブラジルのスラムを訪れたことで、貧困問題に興味を持ち、現在も子どもの貧困問題に携わる。帰国後、ピースボートスタッフとして勤務。今回の旅で、地球6周目となる。大切にしている言葉は「Be the change that you wish to see in the world」(世界に変化を望むなら、あなた自身が変化になれ)

 

 

どうぞよろしくお願いいたします!